Top > ジョブ別戦術 > ウォリアー > 大剣ウォリアー
HTML convert time to 0.069 sec.


ジョブ別戦術/ウォリアー/大剣ウォリアー

Last-modified: 2012-01-30 (月) 07:16:12

目次 Edit

基礎知識 Edit

  • 大剣を装備する事で、最も高い攻撃力と大剣専用のスキルを使う事ができる。
    その代わり、大剣にはデフォルトで耐性−12のペナルティがついている。
  • 両手スキルのベヒモステイル、ドラゴンテイルが使用できない。
  • 建築物を叩く場合、大剣を装備しているとに攻性にマイナス補正がかかる(−20)。
    ビルド系のエンチャントをする場合、大剣よりも両手武器を用意した方がダメージが出る。
    エンチャントをしない場合でも建築用に両手武器が一本あると良い。

基本的な概念 Edit

◆大剣ヲリとは
 両手よりも攻撃力が高く、その反面防御力はヲリ系列の中で最も低いという攻撃特化のアタッカー。
 全体の状況を把握しいかに相手に近づくか、隙・死角をつけるかが重要な初〜上級者向けの職業です。

◆両手との違い
 移動攻撃スキルがストスマしかない。
 エクステンブレイドの射程がそこそこ長く、スキも短いので近〜中距離が両手よりも立ち回りやすい。
 ただし耐性が低いため、意外なほどあっさりと死んでしまう。
 細かなHPの確認・敵の攻撃が集中するか等の状況判断力が必要になる。

◆主な役割
 両手と同じように敵の殲滅、建築破壊を担当します。
 ただし大剣は、他の両手武器とは違い、建築物へのダメージにマイナス補正がかかる。
 エンチャント値が同じであれば両手武器の方が建築破壊性能が高い。
 できれば同ランクの両手武器を一本常備しておきたい。

スキル詳細 Edit

共通スキル Edit

エンダーペイン Edit

Lv1
消費Pow10
時間(秒)120
  • 最初から使えるスキル。消費Pow10で120秒持続。
    一部例外を除いた、あらゆる攻撃で仰け反らなくなります。
  • 必ず常時使用を。最前線での仰け反りは死と同義。
    戦況に余裕ができたらかけなおしておくとグッド。
    最前線でこれを常時使用状態できないのはウォリアー失格と思ってください

ソニックブーム Edit

Lv123
消費SP211
攻撃力9095100
消費Pow151515
  • 激しい剣圧ではなれた相手をも切り裂く真空波を放つ攻撃。
  • POW消費や硬直が小さく、扱いやすい。歩行速度より速いので逃げている相手にも当たる。
    主な用途は牽制と追撃。判定は小さいので、当てるにはそれなりの腕がいる。

フォースインパクト Edit

Lv123
消費SP311
攻撃力90100110
消費Pow262626
  • 攻撃の前に少し溜めて、前方へ槍のような衝撃波を発生させる範囲攻撃。
  • ソニックよりも射程が長く、当たり判定が大きく、貫通するが、POW消費と硬直が大きい。
  • エクステンの射程外からの削り、牽制用に。
    • 大剣の中でも使用頻度が高くなるスキルなので、Pow管理を意識して使って行こう。

クランブルストーム Edit

Lv123
消費SP322
攻撃力150160170
消費Pow606060
  • 前方に範囲攻撃の竜巻を発生させる。吹き飛ばしの効果あり。
  • 主な用途は、スタンした味方の救出、崖落とし、相手の隊列を乱すとき、凍らされた時の悪あがき。
    特にスタンした味方の救出に使う用途は多く、周りをしっかり見てフォロー。
    正面に出した場合、おおよそ前方4歩、後方3歩、横2歩分ぐらいの範囲が生まれます。
  • 主力にはなりえないが、要所要所で輝くスキル。
    状況や編成に応じてこれを主軸に組み立てるのもあり。
  • 凍って、敵片手が自分にバッシュを狙っている時にも使える。
    • 早めに出すと、バッシュを貰う前に片手を吹き飛ばす事もできるが、ステップでかわされる事もある。
    • 遅めに出す場合、追撃に来た敵両手も一緒に吹き飛ばせる事もある、ただし皿には届かない場合が多いので、ヘルや中級は必要経費と思う事。

両手共通スキル Edit

スマッシュ Edit

Lv123
消費SP211
攻撃力150180210
消費Pow121212
  • 出の早い単発攻撃を放つ。範囲は狭い。
  • 主にキル取り、建築物を破壊する際に使う。
  • 対フェンサー戦では重要なスキル。
  • ダメージ/pw効率が最も優秀。

ストライクスマッシュ Edit

Lv123
消費SP211
攻撃力100110120
消費Pow282828
  • 離れている相手の懐に飛び込んで斬りつけるスキル。ターゲットがいないと発動不可能
    主に奇襲攻撃として使われる主力スキルその3。遠距離職へ一瞬で近づけるのが大きなポイント
    このスキルがないと、遠距離職と正面から対峙した場合、勝てる要素がほぼありません。
    遠距離職と対峙する場合、これを上手く使いこなせるかがひとつの鍵になります。
    対サラやスカウト用に距離感と間合いをしっかりとつかんでおきましょう。
    仰け反りが少ないのでこれで氷像を割ってしまい、取り逃がすことの無いように。
    氷像の後ろの敵をターゲットするなど工夫しよう。
  • ストスマ→エクステンorランページがキル取りや敵陣荒らしに有効。
    ただし無理しすぎるとすぐやられるので、状況判断を忘れずに。
  • またストスマにはpowを28使う。その後どれぐらいpowが使えるかを考えて。

ヘビースマッシュ Edit

Lv123
消費SP222
攻撃力270310350
消費Pow343434
  • その場で振りかぶって非常に大きな一撃を与えるスキル。
  • 味方片手が多い戦場では振る機会もかなり多い。
  • アタレ付きでの瞬間火力は驚異的で、一撃でスカウトのHPを半分持っていける。
  • 主な用途はスタン凍結状態の敵への攻撃。
    エクステンで十分な時もあるので、使い分けが重要になる。
  • ストスマ→ステップ着地先に歩いてヘビスマ、など。

アタックレインフォース Edit

Lv123
消費SP211
攻性+5+10+15
耐性-10-15-20
消費Pow404040
時間(秒)120120120
  • 発動すると紫色の光が立ち上る。
  • 元々大剣は耐性が低いのもあり、常時使用するとコストが持たないので、状況に応じて使い分けが必要になる。
  • 一番簡単な使い所は建築を叩く時。パワーポットやビルドアタック系と組み合わせると更に効果的。
  • スキルポイントの関係上クランブルストームとの2択になるだろう。

大剣スキル Edit

エクステンブレイド Edit

Lv123
消費SP211
攻撃力175200225
消費Pow353535
 
  • 前方の広い範囲に単発攻撃を放つ。横にも当たり範囲がある。
  • 射程の長い範囲スマッシュという驚異的スキル。
  • 090721のVerUPで修正有。発動・硬直時間延長、射程修正、消費Pw修正。
    消費Pw32→35へと上昇しました
  • 修正により、以前程お手軽スキルではなくなった。
    しかし未だその高い攻撃力・良pow効率・長い射程・広範囲・短い硬直時間は十分主力として使っていける。
    ランページとの使い分けが必要。
    ステップの硬直に合わせたり、出が遅くなったのを利用し攻めて来る敵に置くように出すのもいい。
  • 複数の敵にはヘビスマよりこちらを。
  • どのブレイクよりも射程が長い為、短剣スカウトを完封することができる。
  • ソードランページはエンダー無しの敵には一段目でコケられてしまう為、
    仰け反る職が多い場合はコレをタイミングよく2回振る方が結果的に強い場合も。リスクも少なめ。

ソードランページ Edit

Lv123
消費SP222
攻撃力135*2150*2165*2
消費Pow606060
  • 自分を中心に、2ヒットする衝撃波を放つ。
  • 出るまでが遅く、硬直も長いが、エンダーがない敵に強い仰け反りを与える。
  • 範囲は広めだが射程はやや短い。エフェクトよりも短めなのでどこなら当たるか把握が必要。
  • 行けるときにはステップやストスマで距離をつめ、強気に出して行きたい。
  • よく単体の敵に撃っている人がいるが、1段目でコケられる可能性がある上powが勿体ない。単体にはヘビスマを。
  • 上述の通り、仰け反りのある職には1段目でコケられてしまうこともあるのでエクスとの使い分けが必要。
  • 091130のアップデートにより消費Pwが54→60に増加しました。

主要スキル考察 Edit

  • エクステンブレイド
    広い範囲を持ち攻撃力もそこそこ、牽制、削りと幅広く使えるスキル。
    欠点は攻撃発生が遅く(ヘビスマより少し遅い)、Pw消費が35と大きめ。
    硬直はさほど長くなく、射程もかなり長いので射程ギリギリを維持して出せば、移動攻撃スキルや飛び道具以外では反撃を受けにくい。
    発生が遅いので逃げる敵には当てづらく、攻めてくる敵には当てやすい。
    確実に当たる場面や、逃げながら打ったり置いておくのに適した防衛よりのスキル。
    自ら攻めて当てるにはストスマを使ったり、奇襲気味に接近しないと中々当たらない。
  • ソードランページ
    発生が遅く、硬直も長い、自分を中心に発生するので近づかないといけないとデメリットは多い。
    しかし強い仰け反りと大剣の攻撃力補正でいいダメージが見込めるメリットもあり、言わばハイリスクハイリターンなスキル。
    突っ込むタイミング、どこから接近するかなどが重要になる。
    少数を相手にするのならエクステンやスマの方が良いが、集団戦では爆発的な破壊力を生む。
  • ヘビースマッシュ
    当然のことだが単体であればランページよりこちら。特にスタン状態の敵。
    またステップ硬直等にランページを使うと職によっては1ヒット目で転倒してしまう為、こちらを使いたい。
    状況によりエクス・ランペ・ヘビスマを使い分けることが一人前大剣への第一歩。
  • フォースインパクト
    長い射程を生かし、牽制とキル取り用に使う。
    アタックレインフォースと併用し、削り用に使うのも手。
    Pw消費26なのでむやみに連発するとすぐPwが切れるので注意。
    キル取り以外では、最低でもスタン追撃用のヘビスマを一発分(Pw34)を残すように調節しておきたい。
    場合によってはランペ(Pw60)、ストスマ+α(Pw28+α)を残すように考えつつ使うといい。

スキルの取り方 Edit

スキルポイントの関係上、純大剣だと2種類から選ぶ形になります。
どちらも一長一短なので好きな方を選んで下さい。

  • クランブルLv3型
    アタックレインフォースを取らずに、クランブルを伸ばす型です。
    危機回避能力が高まるバランス型。
  • アタックレインフォース型
    アタックレインフォースをLv3まで取る型です。
    残りスキルポイントが3なので、クランブルも1までは取る事ができます。
    大剣の攻撃力を更に引き伸ばせる攻撃重視型。

基本的な動き方 Edit

  • 基本は待つこと
    ウォーリアーの中で一番柔らかく、スキルの消費Pwが大きいため、ストスマもあまり使いたくないということで敏捷性に欠ける大剣ウォーリアーは「待ち」が基本行動となります。
    普段はフォースインパクト/ソニックブームを使いながら、特攻してきた敵・スタン氷像などを確実に攻撃していきます。
    また一撃が重いため、短剣スカウトを素早く処理出来るのも魅力のひとつです。ハイドサーチしながら戦いましょう。
  • 敵の視線を意識する
    大剣ウォーリアーは柔らかいため、敵の視線を集めている時に攻撃をすると、すぐに瀕死・デッドしてしまいます。
    味方に気を取られて敵の視線が外れたときに攻撃することを意識して動きましょう
  • 短剣スカウトと合わせる
    普段はとても弱い大剣ウォーリアーですが、味方短剣スカウトが敵にブレイクを入れると豹変します。
    強力な範囲攻撃であるソードランページ・一撃の破壊力が抜群のヘビースマッシュを使い、敵をなぎ倒して行きます。
    味方スカウトによって弱体化された敵に対して、最も効果的に攻撃出来るのが大剣ウォーリアーなのです。
    大剣ウォーリアーは、短剣スカウトととても相性が良いので、味方短剣スカウトの位置を把握しておくとよいでしょう。
  • ウォーリアー同士で合わせる。
    普段は待ちタイプに徹していても、前に出るときはしっかり出ないと仕事ができません。
    ウォーリアーは単体で出ても弱いので、出来るだけ他のウォーリアーと合わせることを意識してください。
    例えば、片手が突っ込んで敵のPwを吸ってくれた後は、反撃が軽微で済むので狙い目です。

敵ごとの戦い方 Edit

  • 片手ヲリ
    • バッシュ、スタンプの鈍足に気をつけて戦う。
      片手自身より、後ろのヲリやフェンサー、氷皿に気を配る事。できれば片手より先にそれらを倒してしまった方が良い。
      特に集団戦では片手にpowを使うと他の敵のヲリに対して何もすることができなくなり、結果的に味方も危険に晒す。
      僻地など少数戦の場合はハイブリの可能性も考える事を忘れずに。
      1:1は一気に倒せそうになければやめておいたほうがいい。ブレイズとスラムなどで長期戦に持ち込まれるとこちらが不利になる。
  • 両手ヲリ
    • フォースなどで牽制し、隙ができたらエクステンやヘビスマを確実に打ち込んで行きたい。
      ドラテも全段ヒットすると意外と痛いので、ヘビスマを合わせるか回避するかの判断が重要。
  • 大剣ヲリ
    • どの距離でも削りあいになる。
      味方の援護を貰いながら戦おう。1:1で殴り合うのは不毛。
      ステップでランペを狙いに来た場合、ランペに一発、逃げる所(ステップの硬直など)に一発でごっそり体力を奪える。
      ただしランペを貰うのが前提なので、HPが少ない時は無理せずに回避しよう。
  • 短スカ
    • フォース、エクステンで近づけさせないように戦う。
      ハイド状態からブレイクやパニを貰うのだけが怖いので、サーチをこまめに行う事。
      もし近くまで侵入されたら、フォースよりもエクステンで削るかランペの仰け反りを狙うのも手。
      ランペが上手く2ヒットすれば味方の追撃で何もさせずに倒せる事もある。
      1:1ではどのブレイクよりエクスの射程が長いので完封可能。pow管理には注意。
  • 弓スカ
    • 1:1で戦ったり、弓の位置まで出るのは稀だが近づけばこちらが圧倒的に有利。
      ストスマで一気に距離を詰め、スマやエクステンでちまちま削るのもいい。ピアに注意。
      アタックレインフォースを使っている時はレインのダメージが大きいので、こまめに回避したり狙われないように意識して動く事。
  • 銃スカ
    • 銃は他職と組んで妨害するタイプなので、1:1ならほぼ完封できる。
      ピアとアシッドが多少面倒なので、ストスマで一気に近づくのも手。
      短とのハイブリの可能性もあるのでそれだけは注意する事。
    • どの皿でも中距離はほぼフォースかソニックになるだろう。
      弓と同じく距離を詰めれば有利になるが、ヘルとウェイブには注意しよう。
      集団戦ではカレスの凍結鈍足、遠めから来るジャッジ、メテオに気をつける。
      シールドはDoTが痛いが直接ダメージは低いので、突っ込んできた場合はステップなどにヘビスマを合わせていこう。
    • なるべく1:1を避けたい相手。
      フィニが非常に痛く、ダウンドライブやフラッシュなどやっかいなスキルが多い。
      近距離では分が悪いので、中距離からフォースやエクステンで削っていこう。
      ペネで突っ込んできた時はエクステンかヘビスマを合わせるか、次のフィニをステップなどで回避しよう。
      ペネを見てからランペを上手く合わせられると、フィニを潰す事も可能だが非常にタイミングが難しい。
       スマッシュ以外は見てからのSDが可能なので、大振り攻撃はしないこと。
      逆に言えば、トップクラスの発生のスマッシュならSD、フィニを出す前に当てて仰け反らせる事が可能。
      DDに限っては発生モーション中に潰す事ができるので、PWもロスさせることが可能)
      近づかれたら先制スマッシュで応戦。
      ”トドメにヘビスマ”という考えは厳禁。
       ただし、仲間の大剣がいる時は、交互にランペを出せば複数の笛も敵ではない。
  • セスタス
    • 1:1になる事は稀だが、フォースやエクステンで牽制、近づいてきたらヘビスマやエクステンで隙を取っていけばOK。
      ホーネットで動き回っている場合は動きを予想しながらエクステンを置くように出すといい。
      たまにシャットアウトをかけてドレインと通常でゴリ押ししてくる人がいるのでそれだけは注意。
      無理そうなら素直に引くかクランブルで飛ばす事。Pw次第では普通に殴り負ける。

動画 Edit

FEZプレイ動画収集所

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • とりあえずページ作成、修正加筆などお願いします -- 2009-07-06 (月) 02:44:33
  • ソードランページスキルの消費Pwを修正、及びコメントを加筆しました。 -- 2009-12-06 (日) 19:18:36
  • エクスはどのブレイクよりも射程が長いとあるが、半歩を用いてくる短剣には相打ちor一方的に当てられるので注意 -- 2011-12-26 (月) 11:21:46
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White