Top > ジョブ別戦術 > ウォリアー > 両手ウォリアー
HTML convert time to 0.125 sec.


ジョブ別戦術/ウォリアー/両手ウォリアー

Last-modified: 2012-02-24 (金) 21:26:22

バージョンアップ情報 Edit

3/20全面改定中

基本的な概念 Edit

◆両手ウォリアーってなに?
 両手スキルに特化したウォリアーです。片手に比べて防御力が劣りますが、高い機動力と攻撃力を誇ります。
 
◆戦場における両手ウォリアーの役割
 最前線における敵殲滅、建築破壊、ねずみ処理等を担当します。
 
◆基本的な立ち回りなど
 単独で突撃できるほどの防御力はありません。片手の後ろに控えたり、死角から回り込んだりします。孤立に注意。
 
◆味方に生かされる職
 味方を生かす職である片手ウォーリアー、氷ソーサラーが戦場に多いほど活躍出来ます。
 
◆アンチ
 片手ウォーリアーに弱い。火ソーサラーに弱い。

スキル解説 Edit

  • スキル取得に関して
    両手の全スキル+共通スキルを全て取得できます。
    両手の1系統マスターがLv9、2系統目でLv19、その後共通スキルを最後にするとLv35で全てが取れます
  • 取る順番について
    正直言えば、自分が思ったとおりにやるのがオススメです。皆が同じようにやっても面白くないですし。
    現行の仕様からすれば、主砲にスマッシュ、サブでソニックorストライクスマッシュがあると便利です。
  • 大ダメージが欲しいぜ! そんなあなたにはヘビースマッシュ、ドラゴンテイル
  • 遠距離攻撃が欲しいぜ! そんなあなたにはソニックブーム、ストライクスマッシュ
  • 特攻スキルが欲しいぜ! そんなあなたにはストライクスマッシュ、ドラゴンテイル
  • 範囲攻撃が欲しいぜ!  そんなあなたにはベヒモステイル、ドラゴンテイル
  • 吹き飛ばし攻撃が欲しいぜ! そんなあなたにはクランブルストーム

こんなかんじです。どのスキルも特色がついたので、どこからとろうか悩みドコです。

各種スキルコメント Edit

スキル名(主な略称 になってます。

エンダーペイン Edit

Lv1
消費Pow10
時間(秒)120
  • 効果中は敵の攻撃を受けてもひるまなくなります。
    ただし、ふきとばし(ダウン)効果のあるスキルとレイスの「ギロチンソード」に対しては無効です。
  • 現状だとフェンサーの追加により、スキル「フラッシュスティンガー」での強制仰け反り、「ダウンドライブ」での強制ダウン等がありますのでここもご注意を。
  • 両手に限らずウォーリアーの基本スキル。これがないと特攻すらままなりません。
    効果時間を覚えて切れることのないようにしましょう。切れる前にかけなおすのグッド!
    これが切れたが故にたこ殴りにあって死ぬことすらある、地味ながら重要なスキルです。
     
  • 羽モードであればスキル欄で位置を移動させることによって意図的に外すことも可能
  • ふきとばし効果のあるスキル
    ウォーリアー「クランブルストーム」「スラムアタック」
    スカウト「ピアッシングシュート」
    ソーサラー「サンダーボルト」「フリージングウェイブ」

スマッシュ Edit

Lv123
消費SP211
攻撃力150180210
消費Pow121212
  • その場で振りかぶって大きな一撃を与える主力スキルその1
    威力はヘビースマッシュには及びませんが、隙が小さいのとPow消費量が少ないのが特徴
    状況に応じてヘビスマと使い分けましょう。コンパクトな場面ではこちらを優先的に。
  • それ以外の要素としては、Pow効率の面で建築物への攻撃の際に用いられます。
    通常攻撃連打よりも時間効率としては高いダメージが見込めるのが特徴。
    ただし、連打するとPowが尽きてしまうので、Powがない間に敵に襲われないか注意が必要です。
  • 対建築に使う場合、スマ*2→Pw回復待ち→スマ*2→回復…とやると、かなり効率上がります、パワポも交えればさらに効果大。

ストライクスマッシュ(ストスマ Edit

Lv123
消費SP211
攻撃力100110120
消費Pow282828
  • 離れている相手の懐に飛び込んで斬りつけるスキル。ターゲットがいないと発動不可能
    主に奇襲攻撃として使われる主力スキルその3。遠距離職へ一瞬で近づけるのが大きなポイント
    このスキルがないと、遠距離職と正面から対峙した場合、勝てる要素がほぼありません。
    遠距離職と対峙する場合、これを上手く使いこなせるかがひとつの鍵になります。
    対サラやスカウト用に距離感と間合いをしっかりとつかんでおきましょう。
  • 主な用途は奇襲攻撃・一気に距離を詰めたいときです。
    ストスマがあたったら、相手のパターンに合わせて
    • ストスマ→スマッシュ。これが一番安定。基本中の基本です。
    • ストスマ→逃げる相手にソニックで追撃 などがあります。
      うまく相手に合わせて次の選択肢を選んでいくといいですね。
      コンボが決まれば敵の体力を5割前後もっていけることも可能なので、特訓あるのみ!
  • 基本的に相手がまっすぐ後ろに逃げている場合には当たりません
    登坂状態だとヒットしたり、射程距離でスキル硬直を狙ってみても当たらなかったりと、多少の謎も・・・
    細かい判定条件を時間があれば調べてみます。
  • ターゲットがいないと発動不可能ですが、人物ではなく建築物をターゲットした常態でも発動可能です。普通に走っても逃げ切れない場合、遠くの建築物をタゲってストスマで高速移動して逃げ切る、という使い方も可能です。※アップデートによりオベリスクをターゲットとして発動させることができなくなりました。

ヘビースマッシュ(ヘビスマ Edit

Lv123
消費SP222
攻撃力270310350
消費Pow343434
  • その場で振りかぶって非常に大きな一撃を与えるスキル
    瞬間的な威力やPow消費量の面から両手ウォリアーの主力となるスキルその2
    瞬時に300↑のダメージが欲しい場合や、攻撃確定の場面ではこちらを選択。
    スマッシュと比べて隙がでかくコストパフォーマンスに劣りますが、瞬発力が1枚上なので状況に応じて使い分けを。
    移動している相手には当てづらいです。スタンやルートした敵の追撃などに真価を発揮。
    特にスカウトに対しては、驚異的な威力を発揮します。時には400以上のダメージを叩き出す事も。

ベヒモステイル(ベヒモス、ベヒ Edit

Lv123
消費SP211
攻撃力130150170
消費Pow323232
  • 小ジャンプして目標地点へ叩きつけの攻撃を行い、衝撃波で範囲内の敵にダメージを与える範囲スキル
    おもに密集した相手にまとめて攻撃をすること、コンボへの布石となるスキルです
  • 続けてうつと連続ヒットはしますが、相手がステップをすると転倒するのでその場合は連続ヒットしません
  • お手軽にダメージを稼げることと、そのモーションから「餅つき」と揶揄されることもありますが
    基本的にこのスキルに頼っていてはあまり戦果があがりません。
    良いところと悪いところを列記してみると
  • ベヒモステイルの良いところ
    範囲攻撃でまとめて敵を殲滅できる
    のけぞる相手ならばベヒモス×2からスマッシュの3連コンボが強烈
  • ベヒモステイルの悪いところ
    小ジャンプ後に着地した所で攻撃判定が発生するので、小ジャンプ中にダウン攻撃を重ねられると無力
    モーションが大きいので、相手の反撃を食らいやすい
    お手軽性能ゆえに、敵が密集してたらなんとなく突撃してつい頼ってしまいがち(初心者さんに良くあります
    対処法がわかってる相手、マップをよく見ている相手にはまずヒットしません!
  • どのスキルにもいえますが、状況に応じて使い分けなければ意味がありません
    死角から入り込んでベヒモス連射など絶大な効果がある一方、意味を成さない状況もあります。
    使い手の技量が問われやすいスキルなので、スマッシュかベヒモスか、それとも別か状況を良く考えて。
    凍結しているスカへのコンボ、密集地帯への奇襲などでは積極的に仕掛けていきましょう。
    後述のようにオリ相手や、氷サラには無力な場合が多いです。

ドラゴンテイル(ドラゴン、ドラテ Edit

Lv123
消費SP222
攻撃力80*390*3100*3
消費Pow606060
  • 小ジャンプして目標地点へ叩きつけ攻撃を行い、衝撃波を発生させて範囲内の敵にダメージを与える
    ただし、距離によってヒット数と威力が変化。
  • 簡単に言えば、ベヒモステイルの多段攻撃です。
    距離によって1〜3ヒットに変化して、ダメージも50前後は変わります。
    あと、ドラゴンテイルは使用後の硬化時間が妙に短かったりします。
  • 衝撃波がヒットして相手が転倒しないときに限り
    そこからスマッシュやヘビースマッシュで追撃できます。
  • 死角から切り込むように使用することで真価を発揮する。
    ベヒモステイル同様に分かっている相手には転倒で対応されてしまうが、転倒させればしめたもの。
    前線を押し上げるタイミングであれば転倒で孤立させることが出来る。
    また、スタンに群がる敵の追撃を妨害することも出来る。
  • しかし転倒されるとびっくりするほどダメージがでない。ダメージ狙いというより、転倒や攻撃の妨害といった運用が望ましい。

ソニックブーム(ソニック、ブーン Edit

Lv123
消費SP211
攻撃力9095100
消費Pow151515
  • 武器で衝撃波を起こして、離れた相手を攻撃する遠距離攻撃スキル
    ウォリアーでは数少ない遠距離攻撃スキルです
  • 主な用途は牽制と追い討ち。特攻するならストスマ、牽制と追い討ちならソニックがオススメです。
    こちらもストスマとあわせて現行の重要スキル。
    距離を縮める前の牽制として、しっかりとマスターしましょう。
  • 歩く速度よりも衝撃波が早いので、まっすぐ後ろに歩いてる相手にも当たります。
    あまりに遠いと当たりませんが、見た目よりもけっこう射程が長いです。

フォースインパクト(フォース? Edit

Lv123
消費SP311
攻撃力90100110
消費Pow262626
  • 攻撃の前に少し溜めて、前方へ槍のような衝撃波を発生させる範囲攻撃。
    ソニックよりも射程が長いので、切り込みにくい状況での選択肢に入れてもいいです。
  • 貫通も付与されているので、他の敵を盾にされてもお構い無しに貫く。瀕死の敵を獲るのにも有用。

クランブルストーム(ストーム Edit

Lv123
消費SP322
攻撃力150160170
消費Pow606060
  • 攻撃の前に少し溜めて、前方へ竜巻を発生させ範囲ダメージ+ふっとばしの効果
    竜巻発動までにふっとばし攻撃を食らうと、発動しない
    両手オリが取るスキルとしては、唯一のダメージ以外の追加効果があるスキル。
    味方の援護、崖落とし、強引な戦線の押し上げ、バッシュに対するカウンター、撤退戦線での時間稼ぎ
    用途はいろいろ。主力にはなりえませんが、要所要所で輝くスキルです。

基本戦術 Edit

主な役割 Edit

突撃がメインの仕事となりますが、その機動力を活かして敵弓への牽制も重要です。
敵弓が混乱すればこちらの後衛の押上げが容易くなり、前線そのものの押上げも可能となります。
 
もうひとつの大事な要素は、瞬間的な火力の仕事を担当
スタン中の相手への攻撃、凍結した相手へのコンボ攻撃、レインでひるんだ相手にストスマ>スマ、
迂闊に飛び出してきた敵にヘビスマなどなど、大ダメージ・KILLを積極的に狙いましょう。

敵ヲリに対しての攻撃 Edit

自軍優勢時はソニック系統で牽制しながらチャンスを伺うのが良い。
数負けしている時に、相手オリに対して攻撃をするのはあまり推奨しません。悪いケースを想定すると、
 
1、相手オリが突撃してくる
2、相手の後衛もそのオリに合わせて前線を押し上げてくる
3、自軍オリが相手オリにかまっていると、相手の後衛は前線を押し上げ放題で、味方の後衛の援護を期待できない
4、結果的に自軍の前線が後退してしまう
 
このような悪循環に陥ってしまいます。ここで相手がジャイアントを出して戦線を押し上げてきたら手がつけられません。
味方に敵オリを止めれるような妨害キャラがいない時は相手していいとは思いますが、基本的には推奨しません。
あとは当たり前ですがその場における職編成や地形など臨機応変な対応も求められます。

  • 半端なHPでつっこんできたやつにはヘビスマ
  • スタンからの連携が狙える場合は、袋叩き
  • 最前線での回避しつつの牽制のしあい
  • 後方を牽制した方がいい場合はそちらに徹する

連携をとろう Edit

どの職にとっても重要なことですが、連携が重要です。
特に両手オリは突撃という役割上、単機突撃などを行っても無駄死にすることが多いです。
それゆえに、周りにオリがいる場合はしっかりとタイミングを合わせましょう
オリがまとまって突撃していく状況は相手側にとって脅威以外の何者でもありません。

片手が味方を生かす職業に対して、両手は味方に生かされる職業です。
戦場では生かす職である片手が多ければ多いほど両手は暴れ回る事が出来ます。

連携をとりやすいということで、パーティーを組むのも推奨します。
特に片手ウォーリアーと組むことで真価を発揮。氷サラさんもオススメ!
ネットゲームなんだし恥ずかしがらずにレッツ協力プレイ!
部隊なんかに入ってコミュニケーションとるのもオススメです。

  • 特にスタンが強烈な作用を表しているため、
    孤立すると40レベルの最強装備でもあっさりスタンから瞬殺されます!
    仲間の状況を見て、上手く上下の立ち回りを身につけましょう。

戦線を維持しよう Edit

相手からのダメージが来てつらいときもあるとは思いますけど、がんばって耐えて味方の援護を待ちましょう。
自分が下がれば味方がまとめてやられてしまうケースもあります。
多少のダメージを覚悟で味方の盾になることも時には必要な要素です。
その代わり、無理も禁物。回復を使う際には、攻撃もらわないところまで下がるのも必要です。

敵の死角をつこう Edit

突撃の際に開けた地形や崖を利用できる地形だった場合、積極的に相手の死角をつきましょう。
同じ位置からぞろぞろと味方が突撃していっても格好の的にもなっちゃいます。
死角から目の前の敵だけに熱中している方には痛い一撃をお見舞いしてあげるとグッド!

エンダーペインは必ず忘れずに Edit

最前線でこれが切れたら、死と同じ意味と思ってください。
時間を覚えたり、不安なときはかけなおしたりして常時かかっている状態にしましょう。

初心者両手オリさんへのアドバイス Edit

最初は最前線に立つ仕事ながら、能力が低くて苦悩することもあるかとは思います。
そのあたりはどの職にもある事情ですし、将来的には伸びてくるのでがんばってくださいね。

 
  • 主力となるスキルを覚え、孤立しない様、立ち回りを身につける
    ストライクスマッシュが立ち回りの鍵。このスキルが使いこなせるようになれば、ウォリアーは火力・機動力において比類なき能力を発揮します。
    またウォリアーは連携が大事。決して単独で特攻する職ではありません。味方と合わせて動くことを覚えるといいです。
    また、ミニマップの確認を常にお忘れなく。
     
  • Lvが低いから活躍できない、そんなことはありません。
    連携を意識する、相手の死角から飛び込む、視野を広げて戦場を見渡すことを覚える等、色々ありますし、
    レベルが低くても弓スカに対しては少なくてもプレッシャーになりえます。
    若いうちからさまざまなことを実践して身につけていくと、育ちきったときには一流のウォーリアーになれてますよ。
     
  • 相手が高レベルの場合の対処
    相手がスカウトならば、ストスマ→スマのコンボさえ打ち込めれば倒せる場合も。
    相手が自分より格上のウォリなら、戦いを挑むのは無謀。ウォリ同士だと打撃の打ち合いになるので、確実に打ち負けてしまいます。牽制しつつ後退しましょう。
  • また低いLVの時は、最前線を諦めて召喚の練習をするのも手
    召喚はLVの補正を受けにくいので、低レベルでの活躍の場も広いです。
    召喚でスコアボーナスが高いと、歩兵をやるよりも経験値ボーナスが多いことだってありますよ。
     

平均Lvが高い戦場での、個人的な低Lvウォリアーの立ち回りについてのtipsを幾つか記載しますので、
参考にしてみてください。

参考
http://zoome.jp/kjzunz/diary/3/

 
  • 遠距離スキルであるソニックブームがあると非常に便利
    近接スキルを先に取るとこちらのスマッシュが100しか通らないのに、
    敵ウォーリアーのヘビスマで400オーバー持っていかれたりと非常に苦しい展開になります。
    ソニックブームにしても、最上級装備なんかで固めた相手には、
    弓スカのレイドと変わらないダメージなんですが、
    ソニックブームの使い方(偏差撃ち)を覚えることは非常に重要だと思います。
     
  • ストスマコンボを覚えよう
    ストスマを覚えると、敵の後衛にストスマ→スマッシュで離れた間合いから強襲をかけることが可能です。
    コツとしては、正面から向かい合った状態で飛び込まず、死角から襲い掛かるのがポイントです。
    相手が立ち回りの上手くないスカorサラの場合、ストスマ→スマが当たった後、高確率でステップしてその場から離れようと試みてきます。
    そうすればしめたもの。相手の着地点を狙えば、もう一度ストスマ→スマを叩き込むことができます。特に相手がスカの場合、これだけでHPの半分以上を奪えると思います。
    ただし、エンダーペインのあるウォリにはこのコンボは通用しません。ヘビスマによる手痛い反撃が待っているでしょう。
    ただし、一撃目のストスマをスカった時には大人しく引き下がることも重要。
    欲張って敵に囲まれるとあっという間に昇天します。
 

短くまとめる、これは覚えておけ両手オリ Edit

  • 余裕があれば声を出そう
    両手オリどうこうの前に仲間と戦う戦争ゲームです
  • エンダーペインは必ず常時使用
    のけぞったら死を覚悟。エンダーのアイコンがついているか常に気を配ろう!
  • 最前線での前線維持+切り込み役
    弓スカに対してプレッシャーをかけることを第一に。全軍一つとなり、敵陣を突き破る!
  • 前線のおし引きを覚える
    でも おしすぎたらカウンターもらいますから、最前線ゆえに押し引きも覚えましょう。
  • 味方との連携をしっかりと
    孤立が特に危険です。囲まれたら死を覚悟。
  • ストライクスマッシュを使いこなせ
    切り込みの際に大きく役に立ちます。ストスマがヒットしたらすかさずスマッシュ
  • バッシュの音には必ず反応を
    味方の片手ウォリアーの位置に常に気を配り、バッシュが決まったらストスマ→ヘビスマと叩き込みましょう
  • 場合によっては後方援護も
    戦争に勝つためになにが必要か。歩兵で戦うだけのゲームではありません。
     

追加でなにかあればお願いします

短くまとめる、これはやっちゃダメだよ両手オリ。 Edit

  • エンダーペインを切らしちゃう
    くどいようですけど語るまでもないです。
    個人的にはのけぞるオリはオリ失格と言い切ってもいいぐらい…
  • 敵に突撃しすぎて味方とはぐれる
    熱くなりすぎて敵陣のど真ん中で孤立しちゃって、しまったー!
    一応、相手がスカだらけなら一人でねじ伏せることも可能ではありますが、過信も禁物
  • 何も考えずにとりあえず氷を割る
    全職共通の事柄です。
    割るからには大ダメージを狙える状況で。
    氷への攻撃の優先順位は
    バッシュ>ヘル≒ヘビスマ>ドラテ他 です
  • スタン中の敵に通常攻撃などを当てて味方の攻撃をつぶさない
    これまた全職共通。被り判定のところも参照ください。
  • 味方の援護がない前線での氷や片手への単騎突撃
    気持ちはわかりますけど死にます。
    痛いです。
    連携を必ず意識。
  • 敵の目の前でベヒモステイル・ドラゴンテイル
    わかってる相手には普通に回避されます。
    両手オリに身につきやすい悪い癖のひとつ。
  • クリでHPを回復したら預けることが出来る場合必ず預けてね
    銀行心得の項目も参照ください。
     

これまた追加して欲しい要素があればどうぞ。

対職業対策 Edit

  • 下記はほとんど高Lv帯における戦闘を想定して書いてあります。
    Lv差がある場合、低Lvでスキルがそろわない場合など、多少の食い違いがある場面もでますが
    ちょこちょこと注釈を持っていきたいとは思います。
  • 完全な1onな状況はほとんどありませんが、こんな対策をとってます程度でお願いします
    相手を知ることこそ、勝利への第一歩ということもあります。
  • 3すくみとして、弓スカウトに強く、ソーサラーに弱いということもあります。
    ダメージに職業補正がかかるのでスカには高く、ソーサラーには低くダメージがでます。

対ウォリアー Edit

  • 対両手ウォリアー
    ソニックによる牽制、単純なスマッシュの打ち合いになります。
    ドラゴンはヘビスマ被弾覚悟で発動するのはありですが、Pwと威力の面からヘビスマに劣るので効果は薄いです。
    ディレイタイムが妙に短いのでドラゴンヘビスマと奇襲をかけるのはありですが、HPとご相談を。
    ヘビスマは完全に殴りあい覚悟です、相手も同条件ですね。
    HPが少ない相手には積極的に仕掛けていいとは思います。こちらの攻撃を外さないように注意。
     
    基本はスマッシュのあとだし。ナイトの小ランスの応酬戦にも似てます。
    スマッシュを誘って空振りのところへスマッシュ。味方の援護まちで逃げる、打ち合い、など
    ソニックを連射しまくってくるようなら、Pw残量との兼ね合いでストスマで飛び込みましょう
    スマッシュにつないで打ち合いにすればPwの面からこちらのほうが大ダメージを与えられます。
     
  • 大剣が実装されてからアタックレインフォースを付与している両手も出てきています、こちらが与えるダメージも大きくなりますが、食らうダメージも大きくなっているので回避を優先、後だしで当てられればリターンは大きいです。
  • 対片手ウォーリアー
    ぱっと見ではハイブリなのか片手なのか読めないところが怖いです。
    向こうは近接戦闘に特化したエキスパートなので、総合的に見るとこちらが不利です。
  • 片手と1対1で対峙したら、ソニックでの牽制か、ふっとばしスキルで時間を稼いでください。
    うかつに距離に入ると、ブレイズやバッシュをもらって痛い展開になります。。
    必ず味方の援護が得られる状況になるまで、直接的な打ち合いは控えてください。
  • しかし、クランブルストームをバッシュにあわせてあてる自信があるのなら
    相殺を狙ってからしかけるかのがセオリーです。
    耐性をもらった後でもブレイズには気をつけましょう。
    無理に追いかけるとブレイズを逃げ打ちされます。ブレイズにカウンターでスマッシュ当てましょう。
  • ガードエンチャの片手は要注意。
    1:1で戦う事は稀だと思いますが、とにかく硬くそう簡単には倒せません。
    片手自体は重い一撃こそ無いものの、長期戦になればなるほど力を発揮するので無理そうなら駄目だと見切りを付ける事も選択肢に入れましょう。
    1:1で長い間やりあってコストがごっそり無くなった…なんて事にならないように。
  • こちらのHPが多く、向こうが少ない場合は、短期決戦を仕掛けましょう。
    バッシュは最警戒です。ヘビスマ+αで沈められそうなら思い切って攻撃を。
  • 相手が純片手だと断言でき、しかも周囲に攻撃できる敵火力職がいないならば、バッシュを貰うのも手です。
    ヘビスマ相打ちでもダメージ的には若干不利ですが、窮地に陥るほどではありません。
    いかに安全な状況でスタン耐性をもらうか、は、上級者と中級者を分けるポイントのひとつです。
     
  • ハイブリウォーリアー
    過剰な表現をすれば素直に逃げて、仲間の援護がもらえるところまで時間を稼ぐか逃げてください。
  • 真っ向から打ち合うと一方的にこちらが痛手を負う相性の悪い相手です。
    片手対策同様にソニックで牽制、ふっとばし攻撃で時間を稼ぐのが基本。
    現状のシールドバッシュの性能からして、真っ向から勝負を挑んでも無謀でしかないです。
    武器の持ち替え速度が遅くなって若干ダメージは減りましたが、痛いことにはあんまり変わりないですね。
  • 間合いを上手くはかって、ふっとばし攻撃が当たるギリギリの間合いで勝負するといいとのこと。
  • 若干、ハイブリオリそのものが希少種にはなってます。
    しかし、スタンからの被弾が痛いのは、片手、ハイブリどちらも変わらないのでやはり注意で。

対スカウト Edit

  • 対短剣スカウト
    一般的に短剣スカはどの職にも強くて弱い。豊富な妨害スキルをいかにかいくぐるかが勝負です。
    攻撃力は皆無に等しいので、こちらのペースに持っていけば簡単に叩き潰せますね。
  • 特に警戒するべきはアームブレイク(アムブレ
    これを食らうとなにもできません。血気にはやって攻撃を回避されてアムブレを叩き込まれないよう注意
    アムブレ、レッグブレイク、ガードブレイクとどんどん叩き込まれると目も当てられないです。
  • まっすぐ逃げるか、ストスマに対してアムブレを狙うのが相手側のセオリーです。
    中距離で相手が明らかにアムブレを狙っている場合は、ソニックで牽制するか、
    ストスマを仕掛ける素振りをしましょう。
    ストスマを仕掛けるそぶりをして、相手がアムブレを空振りしたら即座にストスマスマコンボを。
    次の攻撃で殺せるケースを除いて、コンボは1セットで離脱をしましょう。
    次の攻撃はアムブレで相殺されて逃がしちゃいます。
  • ヴォイドなどは気にせずに返り討ちに。
    暗闇状態になっても、慣れれば他の状態異常よりは気にならなくなるので自分の腕を頼りに動こう。
    パニはHP残量と相談。HP全快のところへパニが飛んできたら気にせず返り討ちに。
    HP残量が少ない場合は狙われないか常に周囲に気を配りましょう
    パニの威力が高いため400以下のときは時に注意を。
  • 最前線の話だとガードブレイクを食らうと地味になけます。実はこれが一番嫌い。。。
    パワーブレイクも行動を制限する意味では効果が高いです。
  • 常に命が狙われると思ってハイドなど警戒しましょう。
    見つけたら気づいてない振りをしてストスマから一気に攻勢を加えると、隠れている相手側がうろたえます。
     
  • 対弓スカウト
    1対1では遠距離からの弓スキルがダメージは低いながらも、こちらのHPを確実に減らす嫌な相手。
    動きを読まれないように接近して大きな一撃を放り込んでみたり、追い払ってあげましょう。
    苦としないクラスですが、正面から対峙した場合接近が難しいパターンでもあります。
  • 相性は良いんですが、基本的に接近が難しいです。
    最近じゃトゥルーショットの威力も馬鹿にならないしで困ったものです。
    警戒するのは鈍足のスパイダーウェブ、DoTのブレイズショットにポイズンショット。
    トゥルーショットは警戒してもぶっちゃけ回避できないので諦め。
    エンダーを切らさないようにして、相手の動きを良く見て距離を縮めましょう。
    追い払っても深追いには注意。戦況に応じて味方と合流したり、「追い払うだけ」の動きを選びましょう。
  • とにかくスカウトに対しては、相性による攻撃力UPが見込めますので、
    捕まえたら確実に深手を負わせましょう。

捕まえたときのテクニック Edit

ストライクスマッシュや死角からの奇襲がヒットしたあと、大雑把に書いて

  1. 捕まえた相手が、こちらの攻撃を食らってひるむ
  2. 大抵はステップやジャンプで逃げようとするので、次の攻撃をすぐに打たず相手の行動を見てから追撃
  3. 基本はこれの繰り返し。繰り返してる間に相手が転倒したら、転倒した相手とほぼ同じ位置に立っておく
  4. 相手が起き上がり後はすぐに攻撃せず、相手の行動を見てから攻撃を放り込む。
    ステップやジャンプされても、起き上がり前に張り付いておけばこちらの攻撃射程内に常においておけます
  5. このまま繰り返し。相手の退路をふさぐ方向に若干比重を置くのも手です。
  • この辺は、アムブレ、ウェイブを持ってないスカ、サラには効果抜群。
    相手が自分の向いてるほうと反対にステップしても、すぐにターンして攻撃を確実にヒットできるよう練習をー

対ソーサラー Edit

  • 豆知識として、サラの1系統マスターにはLV18が必要
    純氷以外だと1系統マスターしてから最速でウェイブを覚えるにもLv24になります。
    近接での立ち回りが若干変化するので、ちょっとした豆知識程度で。
  • 対火ソーサラー
    遠距離のファイアランス、近距離のヘルファイアを持つ苦手な相手。
    ヘルファイアは発動を確認してからでも避けられるようになったので、詠唱した瞬間にステップをすれば回避可能です。
    発動してからでは遅いので、振りかぶったらステップするぐらいのタイミングになります。
    かえって、ファイアランスのほうが曲者。
    ストスマやソニックよりも長いので、近づくのに苦労します。動きを読まれないように注意。
     
    対処法としては
    • 攻撃をひたすら回避しつつ、ストスマで特攻。
      発動が遅いスキルが大半なので、回避するには問題ありません。
      火氷の際にはアイスボルトとフリージングの警戒を。
    • 遠距離からソニックでちまちま。
      無難で堅実的です。はずさないように練習しよう。外すとカウンターもらうかも・・・
  • 対氷ソーサラー
    勝ち目はないですが、負ける要素もそれほどない相手です。
    なにやっても凍結で放置されるのが目に見えてます。
    死角から攻めかかるか、相手の動きを読んでストスマやソニックぐらいしか対処法がないですね。
     
    ジャベリン→ボルト→各種攻撃には若干注意。
  • 対雷ソーサラー
    ソーサラーの中では一番対処しやすく、しにくいです。
    相手側の技量がうまいと詰みですが、付け入る隙も一番大きい。
    • ライトニングの命中率が高い雷を相手にするとトラウマになりそうなぐらいです。
      強引にストスマで間合いを詰めるか逃げるのを推奨。
      中途半端な間合いだとこちらのターンは一生まわってきません。
    • サンダーボルトは相手がうまいとふっとばしの連続で何も出来ません。
      相手のパターンをよく読んで発動モーションと同時にステップでうまく接近していきましょう。
    • ジャッジメントレイは遠距離からの連続ヒットでダメージが高いです。
      しかし、消費Pow82と消費も大きいので、ダウン効果もない分一気に攻め立てましょう。

対フェンサー Edit

1:1や、こちらのHPが低い時は相手にしないのが得策です。
ワンミスでHP500〜600持って行かれる事があります。
まず、ヘビスマ一本釣りや、脊髄反射のヘビスマ反撃などの”ヘビスマぶっぱ”は厳禁です。
それ待ってSDで待ち構えてる笛が多いので、そこを反応不可能なスマッシュで攻撃します。
また、SDスカリの硬直にヘビスマを入れれるように練習してください。

  • 遠距離〜中距離
    限界射程付近のソニックやフォースによる牽制で相手の動きを見ます。
    近いと、こちらの攻撃にペネフィニ合わされるので注意。
    ソニックやフォースを撃った後、すぐにスマッシュでの迎撃に備えましょう。
    (ヘビスマでないのは、ペネ後のフィニッシュやSDを出させない為と、近距離戦でのPWを残す為です)
  • 中距離〜近距離
    笛のフィニッシュとDDのレンジに入るので、ある意味一番危険なレンジです。
    この状態を避けるため後退するか、逆に踏み込んで間合いを詰めて近距離戦に持ち込みましょう。
  • 近距離
    自分から踏み込んだり、ペネフィニで懐に飛び込まれた時はこのレンジになります。
    スマッシュの先制攻撃でDDを潰したり、SDやフィニを出させないようにしましょう。
    特にペネフィニを多用する相手は、スマッシュによる反撃が有効です。
     相手がたまらずステップ逃げ出したら着地を狙わず、こちらも引きます。
    ここでうかつに攻撃するとSD→追撃が待っている可能性が高いからです。
    なのでこちらも引いてSDカウンターのレンジ外からソニックを重ねておきましょう。
    駆け引きとしてソニックを撃たずSDをすからせて、そこを攻撃するというのもあります。
    PWが無い場合は素直に引いて下さい。

笛にスマッシュを警戒させれば射程ギリギリのフィニ狙いに切り替えてくるか引くので、そうなれば対処は楽になります。
とはいえ、最もリスキーな相手である事は変わりありません。

連携面の考察 Edit

サービス開始からさまざまな弱体化をへて、当初ほどの単騎能力は減少している現在
他職と連携を取ることを重視しなくては、これからの最前線で生き残れないとは思われます。
一例ばかりなので、自軍の状況を見てじっくりと判断しつつ、どの敵を狙うかの見極めも重要です。
 
個人的なところをいくつか記述してみます。
言うまでもないですが、全てではありませんので状況に応じて判断を。

 
  • 片手オリさんやハイブリオリさんとの連携
    この際には、切り込み役やバッシュにおける攻撃サポート、スタンしている味方の援護を担当します。
    一番安定している形でもあり、前線の制圧力が高いです。
    ラインをそろえつつ、常にスタンした敵への攻撃、スタンした味方への援護を心がけましょう。
    自軍のPw状況もしっかりと見て、攻撃するべきタイミング、回復するべきタイミングのみきわめを。
    バッシュの援護したいけどさっき無駄遣いしたばっかりだからPwがないっ
    吹き飛ばしで援護したいけど、さっきやったからPwがないっ
    スタンからの死が最前線で最も多い現在、味方のサポートを必ず忘れずに。
     
    また味方がバッシュをしたら、ストスマ→ヘビスマを確実に決めましょう
    スタンした相手は必ず殺すぐらいの覚悟で
    状況次第ではありますが、最低でもPw50は常にキープして、バッシュした相手を逃さないぐらいの覚悟で。
    味方の攻撃とかぶると、かぶり判定でダメージが出ないときもあるので、きっちりとタイミングを合わせて。
     
    連携を身につけると、片手と両手の1+1が3どころか10ぐらいになっちゃいます。
     
  • 弓スカさんとの連携
    味方にオリがいない場合でも、ピアもちのスカさんが確実に援護してくれそうなケースなら、
    突撃も推奨されます。
    スタンした際にピアでの援護がもらえるならば、恐怖も激減します。
    敵後衛へのレインでの牽制、スパイダーでの鈍足、ピアでのスタン援護と、
    比較的メリットが多いケースでもあります。
    以前はレインで敵後衛がひるんだ瞬間が、突撃の狼煙でもありました。
    現行では最前線のバッシュが脅威となりやすいため、状況に応じて判断を。
    ただし、弓さんはエスパーでもなく、Pwも無限ではありません。過度の援護も期待しすぎないように。
     
  • 妨害スカさんとの連携
    といいつつも、原則的にはあまり連携を取るケースがありません。
    ハイドの後ろついていくとかやっちゃダメ(笑
    決死の覚悟でスカさんがヴォイドを決めて、敵が混乱しているときはチャンス!
    暗闇を過信はいけませんが、相手の行動が制限される機会でもありますので、突撃推奨。
     
    ガードブレイク、レッグブレイクがきまっている相手は特にチャンス。
    逃さないよう一気に叩き潰しましょう。
     
  • 氷サラさんとの連携
    ブリザードカレスなどで敵後衛が凍結した場合、のけぞる相手ならば積極的にコンボを狙いましょう。
    ただし、バッシュさんがいればバッシュを優先で。バッシュからのコンボのほうが強烈です。 
    個人的に片手オリさん、両手、氷サラさんのパーティーは推奨します
     
  • ってかいてから思ったけど、ろくなこと書いてないス・・・

マメ知識など Edit

  • 攻撃判定は後ろから前にあります
    そのため乱戦などで、前の敵を狙ったけど後ろの敵にヒットしてカウンターもらった、なんて事もあります。
    建造物などが周りにある場合は特に注意を。
  • コンボ集
    基本的にのけぞる相手かつ転倒しない限定です。状況によってはあたらない場合もあるので過信は禁物

☆ストライクスマッシュ → スマッシュ 
・ウォリの必須コンボ。ただし、アイテム使用やスキルモーション中の敵にストスマを当てた場合、のけぞりが小さいため、スマッシュはステップで回避される。

☆ベヒモステイル → ヘビースマッシュ
凍結中のスカ等に。ただしアムブレに注意。

☆ドラゴンテイル → ヘビースマッシュ
・一応入るが、安定しない。これよりは、上記のベヒ→ヘビコンボを推奨。

☆ストライクスマッシュ → ソニックブーム
・正確にはコンボではないが。遠くに瀕死の敵がいた場合、ストスマで接近→ブーンを放つ。ストスマの移動距離の長さと移動の速さを生かしてトドメを刺す小技。

  • 追加とかあればお願いします。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 味方が敵片手にバッシュされた時、敵が2,3人で味方を鴨にしている時は、ギリ届く範囲からドラテorベヒテの餅つきをするのも一つの手です。 -- 2008-01-14 (月) 23:14:20
  • うんwそうだね (^^) (^-^ (^Q^ (..; (^_- (--; (T-T (// (OO; -- 2008-02-24 (日) 02:19:49
  • 弾幕も届いてないとこ突っ込んでっても蒸発だね。蒸発なくても5割は持ってかれる。このような行動は敵ににとってカモ。ハイリジェの無駄。片手と協力して皿スカの移動エリアを確保すべき。ヲリが倒すべきターゲットは敵の最善面にいる敵。これらに弾幕やカレスが入ったときに行動に入ると消耗が少なく長時間活躍できる。 -- 2008-04-11 (金) 00:47:32
  • 弾幕も届いてないとこ突っ込んでっても蒸発だね。蒸発なくても5割は持ってかれる。このような行動は敵ににとってカモ。ハイリジェの無駄。片手と協力して皿スカの移動エリアを確保すべき。ヲリが倒すべきターゲットは敵の最善面にいる敵。これらに弾幕やカレスが入ったときに行動に入ると消耗が少なく長時間活躍できる。 -- 2008-04-11 (金) 00:47:32
  • 対両手ウォーリアーのところの ドラゴンは被弾覚悟・・・のところは ドラテ の間違い? -- 2008-05-21 (水) 17:20:29
  • 別に間違いでもなんでもないと思われる。ドラゴンと略す人もいる。 -- 2008-08-29 (金) 08:10:56
  • 両手ウォリは味方の先陣をきって突撃、奇襲するのですが、よく戦場の状況をみなければ無駄死にになってしまいます。ソニックなどでけん制しながら突撃できるチャンスをはかるのです! -- 2009-01-06 (火) 22:17:35
  • 突撃する前に敵の編成を見よう。皿、片手と居るところは危険度大。皿スカだけなら危険度中。スカのみなら危険度小。突撃中に被弾の可能性がありそうな場合でHPやや減ってるなら先にハイリジェ飲んでおく。HP500切りそうでストスマ移動できそうも無いなら早めに味方側に戻る。 -- 2009-01-09 (金) 14:31:51
  • とりあえず暫定で改定、威力が下がってたり、個人的な考察を一部追加。 -- 2009-08-06 (木) 03:14:26
  • 突っ込むなら敵のHPが減ってきたときを狙ってみよう。突っ込んだ時の効果が倍増する。それと突っ込む前にストスマ移動に使う対象を調べるのを忘れずに。 -- 2009-10-20 (火) 03:16:11
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White